TOPへ戻る
最終更新日:2021.5.15
Crassulaceae   Sedum(セドゥム)
ベンケイソウ科   セダム属
セドゥム属
マンネングサ属
名称

ウスユキマンネングサ(薄雪万年草)

セダム・ヒスパニクム
セダム・イソコマツ(磯小松)
英名
Spanish stonecrop
学名
Sedum hispanicum
性状
多年草/常緑/多肉性/匍匐性
大きさ
高さ:10~15cm/葉身長:6~20mm/花径:12mm
形態
地面を匍匐して横に広がり、マット状に群生する。葉は白粉を帯びた明るい白緑色で、多肉質で先が丸い棒状で、螺旋状に互生する。6~7月頃、白い6弁花を咲かせる。花弁は先が尖った楕円形〜披針形。冬季は葉が赤味がかる。
類似
「ウスユキマンネングサ」は花弁が6〜7枚で、花弁の幅が広い。葉は大きめでややまばら。
シンジュボシマンネングサ」は花弁が5枚で、花弁の幅が狭く先端が細く尖る。葉は細かく密につく。
原産地
中央アジア~ヨーロッパ南部
生育
日当たりの良い乾燥地を好む。耐寒性は高い。
利用
グランドカバー、鉢植え。
NOTE
TOPへ戻る