最終更新日:2007.7.13
名称

コーカサスキリンソウ(コーカサス麒麟草)

英名
Two-row stonecrop
学名
Sedum spurium
分類
Crassulaceae
Sedum(セドゥム)
性状
多年草/常緑/多肉性/匍匐性
大きさ
高さ:10~15cm/葉長:20mm/花径:10mm
形態
茎は地面を匍匐して横に広がる。葉は緑色で、多肉質の丸形で、鋸歯があり、枝先に螺旋状に互生して、バラの花のようになる。春~秋頃、ピンク色の5弁花を咲かせる。花弁は披針形で先は鋭く尖る。冬季には葉が赤味がかる。
品種
花色が白いものや、濃ピンク色のもの、葉色が違う品種などがある。
原産地
コーカサス
生育
日当たりの良い乾燥地を好む。耐寒性は高い。
利用
グランドカバー、鉢植え。

品種

名称

コッシニュウム‘Coccineum’

ドラゴンズ・ブラッド‘Dragons Blood’
特徴
葉は赤みがかった緑色で、冬季には濃紅色になる。
コーカサスキリンソウ‘コッシニュウム’
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2005.8.9
コーカサスキリンソウ‘コッシニュウム’
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2006.3.11
コーカサスキリンソウ‘コッシニュウム’
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2006.6.12
ページ top