最終更新日:2010.5.6
名称

ニューギニア・インパチェンス

英名
New guinea impatiens
学名
Impatiens x hawkeri
分類
Balsaminaceae
Impatiens(インパティエンス)
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:30~50cm/葉長:5~8cm/花径:40~50mm
形態
インパチェンス」より大型で、葉は光沢があり、大きくてやや細長く、花も大きい。5~10月の長期間花を咲かせる。
品種
葉色がブロンズ色のものや斑入りなどがある。花色は、白、淡桃、桃、濃桃、赤、濃赤、赤紫や、花弁に筋が入るものなど、様々。
原産地
園芸品種。
交配親は「I. hawkeri」〔ニューギニアの亜熱帯高地原産〕。
生育
涼しい環境を好む。暑さ、直射日光、水切れに弱い。耐寒温度は10℃くらい。
利用
鉢植え。
ニューギニア・インパチェンス
神奈川県相模原市、相模原公園、温室、鉢植え
2010.5.4
ニューギニア・インパチェンス
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2007.7.16
ニューギニア・インパチェンス
東京都新宿区、店舗前、鉢植え
2005.7.17
ニューギニア・インパチェンス
神奈川県相模原市、相模原公園、温室、鉢植え
2010.5.4
ニューギニア・インパチェンス
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2006.7.1
NOTE
ページ top