最終更新日:2013.7.22
名称

クリンソウ(九輪草)

英名
Japanese primrose
学名
Primula japonica
分類
Primulaceae
Primula(プリムラ)
名の由来
「クリンソウ」は、花が数段輪生する姿が、仏閣の屋根にある“九輪”に似ていることから。
性状
多年草/冬季休眠
大きさ
高さ:45~60cm/葉身長:10~20cm/花径:20mm
形態
ロゼット状に葉が根生する。葉はへら形で、鋸歯があり、皺がある。6~8月頃、花茎が伸び、茎頂に輪状に2~5段に、桃色~深紅色の花を咲かせる。花の基部は筒状で、花冠は5裂して平開し、先端がハート形に切れ込み、花の中心部は色が濃い。
品種
花色が白や紫色の園芸品種がある。
原産地
日本(北海道、本州、四国、九州)
成育
山地の湿地に自生する。
利用
鉢植え、花壇植え。全草が薬用に利用される。
クリンソウ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
ページ top