最終更新日:2009.4.23
名称

ツゲ(黄楊、柘植)

ホンツゲ(本黄楊、本柘植)
英名
Japanese boxwood
学名
Buxus microphylla var. japonica
分類
Buxaceae
Buxus(ブクスス)
名の由来
「ホンツゲ」は、「イヌツゲ」に対して。
性状
低木~小高木/常緑/雌雄異花
大きさ
高さ:1~8m/葉長:1.5~2.5cm/花序径:10mm/果径:1cm
形態
よく分枝し、幹はまっすぐに立たない。小枝は角ばる。葉は明るい緑~黄緑色で、無柄で、倒卵形、光沢がある革質で全縁、対生する。3~4月に、枝先や葉腋に花序を出す。花序の中央には雌花が1個、その周囲を数個の雄花が取り囲む。花は花弁がなく、雌花は柱頭が3個突き出た黄緑色。雄花は退化した小さな雌しべの周囲に4本の白い雄しべがある。果実は蒴果で、先端に3本の角状の花柱が残る球形。晩夏に熟し、光沢ある黒色の種子6個が出る。冬季、葉は寒さで茶橙色に紅葉し、春には緑色に戻る。
品種
変種に、「ヒメツゲ」や「チョウセンヒメツゲ」がある。
原産地
日本(本州中部~九州)、台湾
生育
成長は遅い。耐潮性があり、刈込に耐える。移植は比較的容易。挿し木で容易に殖える。
利用
庭木、公園樹、玉もの、トピアリー、盆栽。材は黄褐色で、硬く緻密なことで知られており、印材、版木、将棋の駒、櫛などに利用される。材に斑の入る‘虎斑’と呼ばれるのものもあり、珍重される。葉にはアルカロイドのブキシンが含まれ有毒。
ツゲ
千葉県千葉市、学校
2007.3.21
ツゲ
葉と花
東京都新宿区、住宅
2006.3.18
ツゲ
千葉県千葉市、学校
2007.3.21
ツゲ
果実(未熟)
千葉県千葉市、学校
2007.5.3
ページ top